トップ > 佐藤綾子の出版実績 > プレゼンに勝つ!「魅せ方」の技術―パワーポイント症候群からの卒業

プレゼンに勝つ!「魅せ方」の技術―パワーポイント症候群からの卒業

012)
  『プレゼンに勝つ!「魅せ方」の技術
        ―パワーポイント症候群からの卒業』
(ダイヤモンド社)2006年03月09日刊行/135冊目






「魅せ方」が成否を決める! 「プレゼンの現場」で成功する方法
入念に準備して完璧な資料を作ったのに、相手を目の前にしてのプレゼンが通らなかった……そんな経験はありませんか? プレゼン能力は、現場で「聞き手の心理を読む力」と「魅せる力」で決まります。

そしてそれらは、トレーニングで向上します! この本を読んでできるようになることは
1)相手の心理的欲求を見抜き、的確なプレゼン手法が選べる
2)相手を魅了するプレゼンができ、どんな相手も味方になる
3)勝っても相手に敗北感を与えず、Win-Winで人間関係が広がる!
4)プロ中のプロのプレゼン技術が身につき、仕事が取れる!

この4点です。成功するプレゼンとは、相手のニーズと心理的欲求(感情)を正確に読み取った上で、他者肯定的自己主張型(アサーション)の提案・説得により相手を好感的納得に導くこと。

プレゼンは、あなた自身を表現(呈示)することであり、説得の直接的目的は相手に何か行動を起こしてもらうこと(態度変容)にあります。

実際、私たちの私的生活とビジネスライフの24時間は、常にプレゼンの連続です。本書のプレゼンテーション力はあなたの一生の財産になることをお約束します!

―「人々に話しかけようとする時、彼らが何を聞きたがっているかに3分の2、自分が何を話したいかに3分の1の時間を使う」(リンカーン)―「結果を決めるのは、あなたが言う内容ではない。聞き手がそれをどう受け取るかにある」(佐藤綾子)